pale blue girlfriend

Kenji Kobayashi Official Blog
写真をクリックすると拡大して表示します。(PCでの閲覧推奨)
無断転載・二次利用等は固くお断りします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 御苗場夢の先プロジェクト 最終結果発表 | main | Instagram始めました! >>
The works “never fade away”, summer 2016

 

 

 

 


 37歳になった。

 もう若くはないのか、まだまだ若いのか、色々な考え方があると思うけど、僕は、自分らしい年齢だな、と思う。30代なんてあっという間だよ、と言われ、きっとすぐに40代を迎えるのだろうと覚悟していた。けれど、30歳を過ぎてから写真を始めて約5年半の間に起こったあまりにも沢山の出来事や、出逢いと別れの数々を思うと、むしろ時間の流れを遅いとすら感じる。40歳になるまであと3年もある。3年の間に僕はどれだけのことを成し遂げることができるだろうか。5年半前には想像もしなかった「今」がある。だから3年後の自分もきっと、今の僕の想像を超えているのだろう。そう思うと、楽しみで仕方ない。
 

 

 

 


 あまり夏らしいこともできなかったけど、4年ぶりに夏フェスに行った。サマソニ。人生5度目のRadioheadライヴ、そして人生2度目のCreep演奏に酔いしれた。90年代、僕の青春時代に大好きだったバンドの多くは解散してしまったけれど、Radioheadだけは現役だ。たぶん、一生好き。
 

 


 I need someoneシリーズに被写体として協力してくれた友人たちを集めて、ときどき吞みにいく。名付けて「さむわんの会」。東京はもちろん、名古屋や大阪でもやっていきたい。そしていつか写真集を出した暁には、でっかくパーティーでもしたいよね。

 

 

 

 

 


 いおりさんを撮影させていただきました。ちょっとした遠足気分でした。
 

 

 

 

 


 夏の終わりに名古屋へ行った。PHOTOJAM NAGOYAに出展していたイケダサトル君と吞み会を開いたら沢山の人が集まってくれた。サトル君もここでようやくブレイクしてたね。正直、10年遅いよ。笑 もっと早く世に出ていくべき写真作家だったと思う。何はともあれ、最強のライバルの復活を心から祝福したい。
 

 来年、イケダサトルと二人展をすると決めた。

 彼は、僕がどんなにあがいても絶対に撮ることのできない写真を撮っているから。

 

 

 

 


 大阪の天満でシンリちゃんと呑んだ。コイバナと世界平和の話で盛り上がった。笑

 

 

 

 

 

 


 名古屋で、ずっと逢いたかった女の子とようやく逢えた。嬉しくて夢中でシャッターを切った。アリサちゃんありがとう。また撮らせてね。
 

 

 


 never fade awayなどという大それたタイトルをつけているけど、要は普段から持ち歩いているコンパクトフィルムカメラで撮った写真を並べただけのシリーズだ。でも、いずれこのシリーズで展示もしたいし、写真集も作りたい。あ、もちろんI need someoneが先だけどね。笑
 

 写真家の作品とは、写真家の生きざまそのもの、だと思っている。
 

 

 

JUGEMテーマ:写真日記

スポンサーサイト
COMMENT