pale blue girlfriend

Kenji Kobayashi Official Photo Diary
大切な人との日々を写真に残したい。孤独と喪失の狭間で僕が見つけた、一筋の淡いヒカリ。
写真をクリックすると拡大して表示します。(PCでの閲覧推奨)
無断転載・二次利用等は固くお断りします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【ご報告】ポートレート専科2015に出展します | main | 再会 >>
作品“I need someone”の被写体を募集しています


【2015/09/29 追記】
募集条件を一部書き改めましたので、今後は下記のリンク先の記事をお読みください。



 いつも当ブログをご愛読いただき、ありがとうございます。
 現在制作中の作品“I need someone”に、被写体としてご協力いただける方を募集しています。(当シリーズ以外の作品の被写体は募集していませんので、ご了承ください。)

 “I need someone”は、「日常」や「プライベート」をキーワードとして、僕と被写体さんが互いの日常を行き来しながら、撮影を通じてじっくりと向き合う、そんなイメージの作品です。主に友人や知り合いの方にお願いして被写体をお願いすることが多いのですが、新しい世界を開拓するため、新規の募集も行っています。
 作品のさらに詳しいコンセプト等については、直接お逢いして、お打ち合わせしながらご説明いたします。

 条件として、下記の2つを提示させていただきます。

A.ご自宅のお部屋を、撮影場所としてご提供いただけること
B.可能な範囲でヌードでの撮影ができること

 上記A、Bの両方をご承諾いただけることを条件とさせていただきます。
 
 撮影した写真は、当ブログでの公開の他、写真展、フォトコンテスト応募、写真集、ZINE等に使用させていただきます。また、額装プリント等の販売も検討しています。(ヌードについては、インターネットでの公開は行いません。)

 その他、お願いしたいこと等を列挙しておきます。
・年齢や性別は問いませんが、僕と同世代もしくは比較的年齢が近い方を優先します。
・被写体経験のない方でも大丈夫です。
・都内もしくは首都圏での撮影が中心ですが、遠方の場合もご相談ください。
・お互いに納得の上で撮影を行うために、事前に必ず顔合わせとお打ち合わせをさせてください。遠方の場合は電話でのお打ち合わせをお願いしています。
・カメラは、全てフィルムカメラを使用して撮影します。
・撮影データは差しあげますが、被写体さんご自身のブログやSNS等での使用については、一定の制限をさせていただきます。
・できる限り、長期に亘って(年単位で)ご協力いただきたいです。

 これまでの作例については、下記のリンクをご参照ください。
http://kenjiphoto.jugem.jp/?eid=525http://kenjiphoto.jugem.jp/?eid=521
http://kenjiphoto.jugem.jp/?eid=520

 以上、長くなりましたが、少しでも興味を持っていただけましたら、お気軽にご連絡ください。ご質問等もお受けいたします。まずはお会いして、詳しいお打ち合わせをさせていただきたいと思います。

kenji.summerbreeze@gmail.com


【ご応募いただく際は、下記のフォームのとおり必要事項を記載してください。】
,名前
∪別
G齢
そ仗斑呂噺十蚕蝓陛堝刺楔と区市町村までで構いません。)
ト鐚迷侶亳海陵無
θ鐚迷侶亳獲りの場合、お写真を見ることができるサイトのURL等
被写体経験無しの場合、サンプル写真を必ず添付してください。
・お顔立ちがはっきりとわかるもの(証明写真のようなバストアップが望ましい)
・全身が写っているもの(体型がわかるもの)
最低限、上記2点は添付してください。スナップ写真・写メ・自撮り等でも構いませんが、写真が不鮮明な場合は返信いたしかねます。また、プリクラは不可です。
┸Χ函趣味・特技等、簡単な自己PRをお願いします。
条件A、Bの可否について
応募の理由と、僕の写真を観ての感想をお願いします。
この被写体募集記事を、どこで知りましたか?


 なお、時間の制約や、作品の性質上の問題により、ご応募いただいても意に沿えない場合や返信いたしかねる場合がありますので、ご理解願います。


 僕と一緒に、「形に残るもの」を作りませんか?


 それでは、どうぞよろしくお願いいたします。 



【追記:条件A、Bをクリアできない被写体さんへ】
 当シリーズの被写体募集については、非常にハードルの高い条件を掲げさせていただいており、この条件を実際にクリアできる人は少ないと思います。
 そこで、もし、「条件A、Bをクリアできないが、どうしても被写体になりたい」という方がいらっしゃいましたら、応募フォームに必要事項を記載の上、とりあえずメールでご相談ください。条件A、Bを両方クリアできる人が最優先ではありますが、内容次第では検討させていただきたいと思います。
 当シリーズは、「他人の自宅の部屋を撮ること」や「ヌードを撮ること」それ自体を目的とした作品ではありません。自宅の部屋にいるような、ヌードになっているような心の状態でお互いに向き合えることが重要で、そんな関係性を築くことができそうな被写体さんであれば、僕は大歓迎したいと思います。
 長くなりましたが、少しでも気になることがあれば、お気軽にご連絡ください。



JUGEMテーマ:ポートレート
スポンサーサイト
COMMENT