pale blue girlfriend

Kenji Kobayashi Official Blog
写真をクリックすると拡大して表示します。(PCでの閲覧推奨)
無断転載・二次利用等は固くお断りします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
そのままの世界



 写真を始めたばかりの頃は、「露出」という言葉の意味がわからなくて、写真はカメラの適正露出の設定で撮るものだと思っていた。
 しばらくして、「ハイキー」な露出と、シアンの発色の強いフィルムの魅力に気付いてからは、そういう写真ばかりを好んで撮るようになった。たぶん、行きつけの写真店の影響が大きかったと思う。それを続けているうちに、ハイキーで青みがかっていて、彩度やコントラストを抑えた「柔らかい」写真が自分の個性であるような気がしてきた。

 最近は、一周して再びもとの場所に戻ってきた、というか、「目で見た印象」に近い写真を撮るようになった。ハイキーでもローキーでもなく、硬すぎず柔らかすぎず、寒色や暖色に振ることもしない。見た目に忠実な写真、とでも言うのだろうか。フィルムの個性やハイキーなプリントに逃げて写真を誤魔化すことを、やめた。

 まっすぐに世界を見つめて、
 まっすぐに被写体と向き合い、
 自分と世界の「ありのまま」を写したい、そう思えるようになった。

 今はそんな気分。


Date:2013/10/19
Nikon F100/AF NIKKOR 50mm 1:1.4D
FUJICOLOR PRO400
Model:池田真生
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
心のきれいな人





 僕は、邪念に満ちた、汚らわしい人間だ。
 だけど、池田真生ちゃんと撮影をしている間は、そんな邪念が取り払われていたような気がするんだ。できあがった写真を見ても、やっぱり清々しい。


 僕は時々、こうして被写体さんに救われている。
 ありがとう。



Date:2013/10/19
Nikon F100/FUJICOLOR PRO400
Model:池田真生
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
限りなくポジティブに近いネガティブ







 昨日、池田真生ちゃんと福生の街を散歩してきた。
 真生ちゃんとは、ポートレート専科の時に岳くんに紹介してもらって以来だから、2ヶ月半ぶりの再会。念願叶ってようやく撮影させていただいたよ! ただ、途中で雨が降ってきてしまったので、不完全燃焼のまま終了。続きはまた次の機会に!


 僕らは、
 限りなくポジティブに近いネガティブ、だよね。



Date:2013/10/19
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:池田真生
JUGEMテーマ:写真日記