pale blue girlfriend

Kenji Kobayashi Official Blog
写真をクリックすると拡大して表示します。(PCでの閲覧推奨)
無断転載・二次利用等は固くお断りします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Don't trust anyone but us


 時々、わからなくなる。
 何故僕は人物写真を撮っているのか。


 時々、ではないな。
 それがわかったことなんか一度もない。


 僕には技術も無ければ表現力もなく、
 ましてや人間としての魅力なんて欠片も無いけれど、

 それでも、

 自分に撮られたいと思ってくれる人がいる、ということは、
 誰が何と言おうと、それはひとつの「正解」なのだと信じている。


 写真が自分の全てだ、なんてこれっぽっちも思わないけど、
 今の僕にとっては、それが唯一の、「人と繋がる」ための手段。


 だから、


 君の写真を撮らせてください。
 



Date:2013/02/23
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:まつば
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
偶然の計算


 最近「オールドレンズの奇跡」という本をよく立ち読みしている。これが実に素晴らしい本なのである(買えよ笑)。名玉と呼ばれるオールドレンズの数々をミラーレスに搭載して撮影した作例が多数収録されている。
 その中に、カビや曇りが発生している、いわゆる「ジャンク」扱いのレンズによる作例があるのだが、これがもう、感涙モノで。忌み嫌われるレンズのカビや曇りが、時として奇跡のような写真を生み出す。そんなわけで、今まで見向きもしなかった中古カメラ屋のジャンクレンズのコーナーも、最近は必ずチェックするようにしている。笑

 僕のローライのレンズはいわゆる「良品」と「並品」の中間くらいの状態だと思う。前玉に僅かに傷はある。カビや曇りは無さそうだけど、チリや小ゴミの混入は少々ある。後玉は綺麗。そんな状態。おそらく、写りには支障はない、十分に良好な状態だと思う。逆光には決して強いレンズではないと思う。それをあえて逆光で使うのが好き。逆光は逆光らしく写るから良いと思うんだよね。逆光に強いレンズなんかつまらない。

 ちなみに先日、やや難あり(中玉曇りあり)のニコンの35ミリ用ズームレンズを格安で買って、久々に35ミリで撮影したら、壮大なフレアとゴーストが出た。苦笑。うまく使えば良い画が撮れそうな気もするんだけどね。色々試してみよう。
 しかし、しばらく35ミリで撮影してなかったのですっかりヘタクソになった気がする。やっぱり自分には二眼がしっくりくる(ということにしておこう 笑)。



Date:2013/02/23
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:まつば
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
Invisible Memories


 僕の写真は、しばしば「懐かしい雰囲気」である、と評される。

 特段、それを狙っているつもりはない。フィルムもフィルムカメラも、新製品がほとんど発売されていない現状では、フィルムで撮影するだけで、どこか「懐かしい」「古臭い」等と言われてしまうのは仕方ないのかな、と思う。懐かしい、と言ってもらえることは決して悪いことではない。ただ、それがフィルム写真が過去の遺物へとなりつつあることの裏返しであるとしたら、とても寂しい。

 古きを懐かしむ心、というよりは、
 たとえば、かつて心から愛した人の顔や姿が、徐々に記憶の奥底へと引きずりこまれていき、どんどんイメージが曖昧になっていく、そんなもどかしさ、とか、どれほど忘れたくないと願ってもいつか人は大切な思い出すらも忘れてしまう、ただそれは悲しむべきことではなく、それを受け入れて生きていければいいのかな、という、そんな、切ないけれど前向きな写真が撮れたらいいな、といつも思っている。




 昨日、国立新美術館で「アーティスト・ファイル2013」を観てきた。噂通り今年のアーティスト・ファイルはキュレーションが素晴らしかった。複数のアーティストをオムニバス的に展示する形式で、これほど一貫した展示空間づくり、導線づくりをしている展覧会は、僕が知る限り初めてだ。
 視覚とは?記憶とは?イメージとは?各々の作品から投げかけられる微かな違和感。アートを鑑賞する、とは、そんな違和感と向き合うことなのかもしれないな、と思った。
 とりあえず、僕のような「暗くて狭い展示空間」が大好きな人は非常にオススメである。笑


 明日は休暇を取った。今年の3月11日も、末広町の3331へ行こうと思っているよ。





Date:2013/02/23
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:まつば
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
廻り廻る季節


 人物を撮り始めて1年が過ぎ、ようやく季節が一回りした。
 僕は、割といつも同じ場所で繰り返し撮影することが多い。だけど、絶対に同じ写真にはならない。光・空気・温度・被写体さんのコンディション・僕自身のコンディション・・・全ての一瞬が、二度とこない一瞬だ。


 上の写真と同じ場所で、半年前に撮影したのが、これ。 http://img-cdn.jg.jugem.jp/c49/2588171/20120821_93368.jpg
(Model:Anri)
 夏は緑色、冬は黄色の世界が、そこにある。


 もうすぐ春、桜の花が咲き乱れる季節がやって来る。
 桜の花吹雪を眺めながら、毎年のように思う。


 僕は、あと何度、この景色を目にすることができるのだろう、と。




Date:2013/02/23
Roleiflex 2.8E/Kodak PORTRA160
Model:まつば
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
僕を、連れていって




 悲しみも、憂鬱も、不安も、無い場所へ。

 君となら、辿り着けるはず。




Date:2013/02/23
Rolleiflex 2.8E/Kodak PORTRA400
Model:まつば
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
After Dark



 明日がとても楽しみなんだ。
 どうしてかって?

 明日のブログを読めば分かるよ。お楽しみに◎




Date:2013/02/23
Rolleiflex 2.8E/Kodak PORTRA400
Model:まつば
JUGEMテーマ:フィルムカメラ




Twitter・Facebookやってます。
お気軽にフォローどうぞ◎




小林健司写真展
「12月の或る日、冬空と海と君のこと」展示図録
ご予約受付中です!
face to face


 最近ほんとに、素敵な人との出逢いが多すぎて、心が飽和状態。

 幸せな悩みだね。




Date:2012/02/23
Rolleiflex 2.8E/Kodak PORTRA160
Model:まつば
JUGEMテーマ:フィルムカメラ




小林健司写真展 
「12月の或る日、冬空と海と君のこと」展示図録
ご予約受付中です!
真昼の月




 誰にも気づかれなくても、
 わたしは、ここにいるよ。




Date:2013/02/23
Rolleiflex 2.8E/Kodak PORTRA160
Model:まつば
JUGEMテーマ:ポートレート



小林健司写真展 
「12月の或る日、冬空と海と君のこと」展示図録
ご予約受付中です!
その視線の先に


 職場の上司から、「最近疲れてない?大丈夫?」と心配されるくらいには覇気が無いケンジです、どうもスミマセン 苦笑
 覇気が無いのは、間違いなく撮影をしてないからだろうね。2週間以上撮影してない。まぁ明後日が撮影なので全部吐き出してくる!


 僕は、人物を撮影している。
 もともと人見知りで、人付き合いも苦手な僕にとって、人物撮影はある意味、自堕落な生活をしがちな自分へ課す試練みたいなものなのかもしれない。バンドやってた頃も、ライヴで人前に出て歌うたうなんて試練そのものだったからなぁ。。。笑

 素敵な被写体さんと対峙すれば自然と背筋がピンと伸びるし、素敵な被写体さんに対峙するにふさわしい人間にならなくちゃ、と思う。
 被写体さんの視線の先には必ず、撮影者である僕がいるわけで、写真には必ず、被写体さんと僕の関係性や、被写体さんが僕に対してどのような感情を抱いているか、といったことが写し出されると思う。

 だから僕には、撮影技術以上に磨くべきものがあると思うし、僕にとって重要なのは、写真を上手に撮れるかどうかではなく、究極的には、コバヤシケンジという人間を全うすることができるかどうか、だと思っている。写真はそのための手段であって、目的ではない。今までにも何度も書いてきたけど、常に自分にそう言い聞かせていないと、流されてしまいそうだから。。。


 僕は、写真の中に自分自身を見出したい、と、ずっと公言してきた。


 被写体さんと向き合う、ということは、被写体さんの瞳に写る僕と向き合う、ということ。




小林健司写真展 
「12月の或る日、冬空と海と君のこと」展示図録
ご予約受付中です!




Date:2013/02/03
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:まつば
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
世界の終わり


 今年のテーマは「リアル」と「プライベート」、と決めている。
 今までよりも、1歩、踏み込んだら、1段、肩の力を抜いてみる。
 少しずつ、少しずつ、そんなことを繰り返していきたい。


 どこかの国で隕石が落ちたというニュースを眺めながら、
 明日世界が終わるとしたら、最期に逢いたい人がいる、って書こうと思って、
 それは誰だろう、と考えたけれど誰も思い浮かばなくて、
 美しく光り輝く世界の終わりを見届けられるなら、それも良いかな、と思った。


 立ち止まると余計なことばかり考えてしまうから、早く動き出したい。
 来週後半から来月いっぱいは怒涛の撮影ラッシュ。
 春はもう、そこまで来ている。楽しみだ。




小林健司写真展 
「12月の或る日、冬空と海と君のこと」展示図録
ご予約受付中です!




Date:2013/02/03
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:まつば
JUGEMテーマ:フィルムカメラ