pale blue girlfriend

Kenji Kobayashi Official Photo Diary
大切な人との日々を写真に残したい。孤独と喪失の狭間で僕が見つけた、一筋の淡いヒカリ。
写真をクリックすると拡大して表示します。(PCでの閲覧推奨)
無断転載・二次利用等は固くお断りします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Magic Words


 悩んだり苦しんだりしている人に、声をかけてあげたくて言葉を探してみるけれど、どれもこれも陳腐でありふれた言い回しだな、と思い、結局いつも口をつぐんでいる。
 でも、たとえ陳腐に思われるような言葉であっても、何も言わないよりは何か言ってみるほうが得なんだろうな、と最近つくづく思う。でもやっぱり言えない。それはきっと、口に出して心底後悔した言葉の数々が頭の中に渦巻いているから。そんな人生をかれこれ30余年歩んでいる。

 今度あなたに逢ったら、どんな言葉を伝えよう・・・
 


Date:2013/01/05
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:Natsumi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ


小林健司写真展「12月の或る日、冬空と海と君のこと」
開催まであと11日!
脱・肖像写真


 写真の世界に、「リアル」と「プライヴェート」を追求したい。そんな今の気分。
 「私写真」という言葉のニュアンスが、案外近いかもしれない。

 人物写真だけれど、肖像写真ではない。そんな写真。


 そして、
 等身大でありたい。
 


Date:2013/01/05
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:Natsumi
JUGEMテーマ:ポートレート
JR新宿駅の東口を出たら


 髪を少し切って少しさっぱりした日曜日。散歩ついでに個展のDMをフォトカノンさん(戸越銀座)、monogramさん(学芸大学)にも置かせていただく。どうもありがとうございました。
 気づいたらもう、個展まで1ヶ月を切っている。準備は・・・さぁ、どうでしょう笑


 昨日、新宿で撮影してきた。
 新宿はごちゃごちゃしていて汚くて怖いから嫌い、という人は結構いると思うけど、僕は新宿の街が好きだ。志望大学を決めた時の基準のひとつが「新宿・渋谷を経由して通えること」だったし、実家から職場まで通っていた頃も、あえて新宿・渋谷を経由するようにしていた。まぁ、ただ単に、帰りにCD屋とか服屋とか楽器屋に寄り道するのが好きだっただけかもしれないけど笑
 二眼レフというカメラは、そんな新宿の人ごみの中でさりげなくシャッターを切るのに中々向いているな、と思った。いかんせん僕は小心者ゆえに、いつも人気の無い寂れた場所を選んで撮影をすることが多いけど、これからは二眼を持って、堂々と街へ出ていこうかな。

 もっと東京の街の写真を撮りたい。
 東京が、好きだから。



Date:2013/01/05
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:Natsumi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
妄想列車


 昨年暮れからの写真が結構たまっているので、こまめに更新してみる。



【最近よくいただく質問について】
Q. ケンジさんは「てつ」ですか?

A. はい、わりと。笑

 昔から鉄道は好き。でも車両そのものが好きなわけではなく、鉄道に乗ってのんびりと旅をしたり、車窓風景を眺めたりするのが好きなんだよね。鉄道のある風景が好きで、その風景に人を立たせるのが大好き。自動車には全然乗らないしね。
 あと何が好きかといったら、鉄道路線図を眺めるのが好きだねぇ。。。笑 路線図を眺めながら、架空の路線を頭の中で引っ張ったり、という妄想をよくする(こういう人種を「架空鉄」というらしい 笑)。

 そんなわけで、今年も被写体さんを連れて関東近郊のローカル線の駅を巡りたいね◎



 さて、母校が箱根駅伝の往路を無事ゴールしたので、そろそろ出掛けてこよう。無料観覧日の恵比寿の写美へ行こうかな。
 毎年この時期だけ愛校心全開でスミマセン・・・笑


Date:2012/12/16
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:Natsumi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
ただ、海を見ていた


 どちらかと言えば、オルタナティヴな側でいたい、と常々思っている。この気持ちは、音楽をやっていた頃から変わらない。

 もし、僕自身が、僕のやっていることが、万人受けするとしたら、そんなのは僕じゃないと思うよ。そんなことがもしあり得たとしたら、それはきっと嘘のカタマリみたいなものだ。そもそも僕が万人受けするなんて絶対無いから。。。

 カート・コバーンも、Nirvanaがバカ売れした時にそんなことを考えたのかな。
 想像の域を出ない話だけど。

 10人のうち9人が、ケンジとケンジの写真を嫌いだとしても、たった1人でも好きだと言ってくれる人が居るなら、理解してくれる人がいるなら、僕はその人を心から大切にしたいと思うし、そこに僕と僕の写真の存在価値が、生まれるはずだ。



 よく晴れた冬の日、青い海を眺めながら、そんなことを考えた。




Date:2012/12/16
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:Natsumi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
僕たちは 弱いから


 今日も新宿のいつものカフェで、新しい被写体さんと打合せ。時間も忘れて話し込んだ。楽しかった。こんな夜はきっと良い夢が見れると思う。

 天皇誕生日もクリスマスイヴもクリスマスもびっしり撮影だ。あぁなんという幸せ。。。苦笑




【被写体さん募集について】
 これまで、このブログを通じて、沢山の被写体さんと出逢い、撮影をさせていただいてきました。ほんとうに、ありがたいことです。心から感謝申しあげます。
 しかしながら最近、僕自身の予想を遥かに上回る数の撮影依頼をいただき、既に体ひとつでは足りないくらいの状況です。もし、僕がプロのフォトグラファーであれば、全てのご依頼にお応えすることも出来るかもしれませんが、残念ながら僕は、普段は人物写真とは直接関係ない仕事をしながら、プライベートな時間を割いて写真活動を続けている身ゆえ、時間的にも体力的にもそろそろ限界が見えてきました。もちろん、限界ギリギリまでは頑張るつもりではいます。しかし、限界を迎える前に、どこかで線引きをしなければいけない、そう決意しました。

 年内をもって、新規の被写体さんの募集を、一旦締め切りたいと思います。
 
 当分の間は、「これまでに撮影させていただいた人」「これまでに撮影を依頼させていただいた人」「友人」「写真仲間」を主な被写体として、じっくりと腰を据えて撮影活動をしていきたい、と思っています。

 というわけで、もし、迷っている方や、今まで連絡を躊躇していた方がいらっしゃいましたら、お早めにご連絡をください。(もちろん、これが最後というわけではなく、また時間的な余裕ができた時には、被写体募集を再開したいと思います。)

 今後とも、コバヤシケンジの写真活動を暖かく見守っていただきますよう、よろしくお願い申しあげます。


【2012/12/31 追記】
 上記のブログ更新後、沢山の被写体さんからご連絡をいただきました。本当にありがとうございます。自分の写真が、自分の想像以上に多くの人に受け入れられ、期待をされている、という事実に大変驚いています。
 色々考えたのですが、被写体募集については引き続き、期限を定めずに応募を受け付けたいと思います。状況によっては、被写体の皆さんのご希望に沿えなくなることも多くなるかもしれませんが、それでも構わない、という被写体さんがいらっしゃいましたら、ご連絡ください。



Date:2012/12/16
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:Natsumi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
Maybe True



 行きつけの写真屋のスタッフさんに、「ケンジ君はスナップ写真は苦手?」と言われた。さすが、なかなか痛いところを突いてくる。僕の撮影した全ての写真を見ているのは、僕自身と、この写真屋のスタッフさんだけだから、これはもう、認めざるを得ない。実際その通りだと思う。


 先週末、写真教室の忘年会に始まり、写真仲間との撮影散歩、友人の写真展、新しい被写体さんとの打合せ、新しい被写体さんとの撮影、という怒涛のスケジュールの中で、初対面の人と写真談義をする機会に沢山恵まれた。それは、自分自身の写真観や撮影手法を改めて客観的に見つめ直す非常に良い機会にもなったし、僕の写真への率直な感想も沢山いただくことができた。


 改めて思うのは、僕はいわゆるポートレートの手法で写真を撮っていないし、かといってスナップ的な写真も苦手である、ということ。
 僕の写真は、いわゆる「ナチュラルなポートレート」というものにカテゴライズされがちだけど、実際のところ僕は、ナチュラルかどうか、というところにはさほどこだわっていない、というか、むしろ撮影スタイルは全然ナチュラルではないと思っている。


 あえてひとつ、「自然であること」へのこだわりを挙げるとするなら、それは撮影スタイル云々ではなく、
「この人を撮りたい」と思う僕の気持ちと、
「この人に撮られたい」と思う被写体さんの気持ちが、
すんなりと「自然に」重なり合うこと、すなわち被写体さんとの心の共鳴が大切だな、と思う。



 そんなとりとめのないことを考える、職場の忘年会帰り、ほろ酔いの夜。




Date:2012/12/16
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:Natsumi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ