pale blue girlfriend

Kenji Kobayashi Official Blog
写真をクリックすると拡大して表示します。(PCでの閲覧推奨)
無断転載・二次利用等は固くお断りします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Sympathy


 昨日はポパイさんで個展の打合せ。ワールドポーターズの全館臨時休館の影響でまさかの会期変更というサプライズはあったけれど、仕方ないよね。今後の教訓ということで!笑
 展示枚数や配置がほぼ決まり、俄かに具体的な形が見えてきた。開催まであと19日、いよいよ準備も大詰めだ。しかし、実はまだ撮影完了してないんだけどね。。。苦笑


 今日は新しい被写体さんと渋谷で撮影の打合せ。
 僕も被写体さんも、カーディガンとシャツとスキニーデニム。思い切りコーディネートが被った。笑 この人とは間違いなく相性が良いと確信したよ◎


 シンパシーを、感じられるかどうか。
 僕が被写体を選ぶときに重視する基準の一つだ。



Date:2012/11/24
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:Satomi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ


※個展開催します。詳細はこちら。
霞みゆく記憶を辿る


 手帳を見返していたら、ふと思い出した。
 
 今年の2月、松井冬子さんの講演を聴くため横浜美術館へ行ったら満員御礼で、たまたま、特別に行くつもりも無かったCP+へ足を伸ばしたのだった。あの日あの時、もし僕が冬子さんの講演を聴けていたら、きっと今の僕はなかった。今の僕の写真活動はまるで違うものになっていた。今僕の周囲にいる写真仲間や被写体さんともきっと出逢えなかったはずだ。

 人生、本当に、何がきっかけになるか分からないし、何が起こるか分からない。




 夕方、地震があった。

 僕は職場にいた。初期微動がしばらく続いて、これは揺れが大きくなるかな、と思ったらやっぱり大きくなった。震度4。3.11の、あの日の揺れ方に何となく似ている気がした。
 ラジオをつける。まもなく津波警報が出される。アナウンサーは「直ちに避難してください!東日本大震災を思い出してください!」と連呼する。津波からは安全な場所にいる自分にとっては、なかなか強烈なメッセージだった。緊迫した状況を伝えるアナウンスに、僕は否応無くあの日の気持ちを思い出した。

 職場のデスクに座ったまま、同僚に気づかれないように、泣いた。



 涙を、こらえることができなかったんだ。




Date:2012/11/24
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model:Satomi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ

※被写体さん、募集しています。詳細はこちらをご覧ください。
Imagine
 


 たとえば、

 写真を撮ったり、
 歌を歌ったり、
 ギターを弾いたり、
 詞を書いたり、
 文章を書いたり、
 文学作品を読んだり、
 学術書を読んだり、
 歴史研究したり、
 芸術鑑賞したり、
 何かを考えたり、感じたり、
 ひとつのことに打ち込んだり、

 そういうことを、「楽しい」と思えるということ、
 いや、「楽しい」というのは少し違うな、

 それらが、
 僕の人生に不可欠なものであるということ、
 それらを追求することで、
 「満たされている」と感じられること、

 それをとても嬉しく思う。
 そういう環境で育ててくれた親に、感謝すべきことなのかもしれない。






 仕事で、太平洋戦争当時の地元について調べている、という小学生から手紙が届いたので、その返事を書くため、古い公文書資料を紐解いたりしている。
 折りしも、選挙戦の最中である。ツイッター上では敬愛する学芸員たちが突然政治的なツイートを増やし始め、何だか僕はがっかりしている。けれどそんな状況で届いた小学生からの手紙ゆえ、戦争と平和に想いを馳せずにいられない。

 僕はどんな大義名分があろうとも、銃を持って戦場へ赴くのは嫌だ。断固拒否する。

 僕は絶対に人を殺したくない。何があっても殺したくはない。ただそれだけだ。

 

 僕の祖父は一体どんな気持ちで戦ったのか。家族全員を東京大空襲で失って何を思ったのか。祖母はどんな気持ちで空襲から逃げていたのか。その気持ちを、もっと知りたかった。けれど、結局聞けないままこの世を去ってしまった。

 今改めて、知りたい、と思う。



 そんなことを考える僕は今、きっと平和を満喫している。
 おなかすいたのでファミレス行ってくる。




Date;2012/11/24
Rolleiflex 2.8E/ILFORD XP2 SUPER 400
Model;Satomi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ

※被写体さん、募集しています。詳細はこちらをご覧ください。
Daydream


 こんなところに書くようなことでもないのだが、

 
 本当は、御苗場に出したかったんだよ。
 今年の2月の御苗場で、とあるフォトグラファーの作品を観て、来年は絶対に僕も御苗場で展示したい、この人と同じ世界に行きたい、そう決意して、それ以来ずっと、御苗場で展示することを目標に写真を撮り続けてきた。

 申込開始日、昼休みに自宅に戻ってパソコンと睨めっこを続けたが、結局1時間の間に申込フォームに繋がることはなかった。その後、夜に帰宅した時点では既に満員御礼。キャンセル待ちの受付には辛うじて間に合った、という状況。


 失意のどん底にあった僕に、写真仲間が声をかけてくれた。

 「お前の写真は、御苗場には向かないよ」

 ってね。


 きっとこの人も、別に深い意図があったわけではなく、単なる気休めで声をかけてくれたのだと思うけど、その言葉を聞いて僕は、はたと気がついた。
 僕は、御苗場でチヤホヤされるために写真を撮っているわけではないはずだ。

 驚異的な数の人々との出逢いや交流のチャンスがある、ということ以外に、御苗場に出展するメリットがあるだろうか。狭すぎる展示スペース、ごった返す人々、騒々しい空間。展示作品の前で、必死に作品の説明をしてオーディエンス賞を獲得したとして、それが僕のやりたかったことなのか?敬意も抱けないような名前だけのフォトグラファーの目に留まってレビュアー賞をもらって喜べるか?そんなことで僕は本当に満足するのか?

 否、である。

 じゃあどうするのか?
 個展をやるしかないだろう、という結論。
 
 以上が、僕が写真展開催に踏み切った経緯である。
 あ、御苗場の悪口を言うつもり毛頭ないよ。現状、まだキャンセル待ちの状況だし、もし順番が回ってくるなら出たい。純粋に、一人でも多くの人に僕の写真を見てほしいし、沢山の同業者と交流もしたいしね。



 オペラシティアートギャラリーで個展開催中の篠山紀信氏は、自身の作品が美術館に展示されることを長く嫌っていたそうで。写真は、そんな高尚なものではない、のだと。
 写真は芸術なのか?という議論とは関係なく、僕は単純に美術館という空間が大好きだ。展覧会は年間100本は鑑賞しているだろう。あの、広々とした静謐な空間に身を置くことで、僕はいつも心の平静を保っているのだと思う。
 だから僕は、どんな会場で写真展を開催するにしても、美術館のように空間を贅沢に使って、「広さ」と「静謐さ」を感じることのできる展示をしたい、と思っている。今回の写真展開催場所が、それにベストな場所であるかと問われれば、ベストではないかもしれない。ただ、僕の最初の写真展は絶対にこの場所しかないな、と、ずっと考えていた。


 小林健司 写真展、詳細は近日発表。


 
 明日は写真教室の仲間たちと撮影散歩。なんと企画者は僕なのである笑 天気も良さそうだし、楽しい会になればいいな。。。


 御苗場出展予定の皆様、僕の分まで頑張ってくださいね。楽しみにしています。




Date;2012/11/24
Rolleiflex 2.8E/ILFORD XP2 SUPER 400
Model;Satomi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
もしも、僕が君だったなら


 写真展をやる、と表明してから、寝ても覚めても展示のことを考えている。どの写真を選んでどう並べるか、頭の中で繰り返しシュミレートしている。バンドをやっていた頃、繰り返しライヴのイメージトレーニングをしていた、あの感覚をちょっとだけ思い出した。
 
 写真展のタイトルも決まった。DMのデザインもほぼ固まった。あと数点分を撮影したらプリントして額装だ。それが終わったら展示会場に置くブック作り。そして、そんなことをしているうちに、もう次の作品のイメージが浮かびつつある。


 来年は忙しくなりそうだ。。。



Date;2012/11/24
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
Model;Satomi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
東京


 僕は東京の街が好きだ。
 生まれ育った街だから。


 モノクロフィルムでローライ、なかなか良いね◎



Date;2012/11/24
Rolleiflex 2.8E/ILFORD XP2 SUPER 400
Model;Satomi
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
谷中散歩

 今日は午後から天気も回復したので、ローライをぶら下げて、前から行きたかった谷中の街を散策してきた(完全なる思いつきで行動。笑)。下町情緒溢れる素敵な街だったよ。写真は少しずつアップしていくね。初めてローライでモノクロも撮ったよ。



 ここのたい焼き屋さんは、生地がサクサク、あんはアツアツで非常にケンジ好みだった。(さとみちゃん、食べてる写真ばかりでごめんね笑)



 たのしかったね。

 この「街角スナップ」シリーズ、定番にしようかなぁ。



Date;2012/11/24
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR REALA ACE 100
Model;Satomi
JUGEMテーマ:写真日記