pale blue girlfriend

Kenji Kobayashi Official Blog
写真をクリックすると拡大して表示します。(PCでの閲覧推奨)
無断転載・二次利用等は固くお断りします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ガラスの墓標


 昨日から仕事始め。大して正月らしいことをしていない割に、いざ仕事に向かってみると正月気分の自分がいることに気づく。不思議だ。夜はいつもの仲間と串揚げフィーバー。服が油臭いのは洗えば何とかなるけど、帽子が油臭くなったのは一体どうすればいいんだろうね。苦笑

 今日は新宿のど真ん中で撮影。いつもの僕の写真とはまた違った雰囲気の写真になっていればいいな。仕上がりが楽しみ。
 撮影の後は、うらわ美術館で「日本・オブジェ 1920−70年代 断章」を観てきた。植田正治らの写真作品も展示されていて、なるほど、そういえばこれもオブジェだな、初めて気づく。

 そして明日は個展のDM配りのため、あちこち動き回ってみようかと思っている。今ならどこへ行っても新年の挨拶だな。まぁ、タイミングとしては悪くないよね。




 ちょっと小話をしよう。年末に、OUNTDOWN JAPANへ行った時のこと。
 会場内に、イベントのロゴがでっかく描かれている壁があって、皆そこで記念撮影をするんだよね。僕も、見知らぬ御一行にシャッターを押してくれと頼まれた。で、思わず人物写真家魂を発揮して、かなり寄った構図で、全員の顔がはっきり写るように撮ってあげたの。そうしたらダメ出しされて。顔は小さくて良いから壁全体を写してほしいんだと。そこで、うんと引いて壁全体を写してあげたら、顔なんかコメツブ程度の大きさなんだけど「ありがとうございました!」って言われた。

 別に大したことのないやりとりなんだけど、僕にとってはひとつ大きな気づきがあった。それは、自分が「撮影者」として慣れてしまったが故に、忘れてしまったり、鈍ってしまっている感覚があるのだ、ということ。ポートレート写真の「お作法」を守って撮影された写真が、必ずしも全ての状況・全ての人に受け入れられるわけではない、ということ。言葉にしてみるとすごく当たり前の話で、何そんなこと今更言ってるの?という感じなのだが、こんな当たり前のことほど、専門的な知識や経験を積み上げていくにつれ見えなくなっていくのではないか、と思った。そして、僕はそれをとても怖いと感じた。

 たとえば、ポートレートの世界のお作法で有名なタブーとして「首切り」とか「角出し」というものがある。「写真学校の先生」のような立場の人にそんな写真を見せれば、ほぼ確実にダメ出しを喰らう。しかし、基本的に僕は、余りにあからさまな状態を除いては、ほとんどそれらを気にしていないし、実際、特に写真に関する専門知識のない人々にそういう写真を見せても、ほとんど気にならない、言われなければ気づかない、という人が圧倒的だろう。僕が怖いのは、そんな、専門知識を持つ人間の感覚と、一般的な感覚の「ずれ」だ。

 ちょっと話は脱線するかもしれないけど、最近のプリクラもそうだ。目の輪郭が大きく強調されて、肌は白くピカピカに写る。あんなものは僕から見れば、ただひたすらにキモチワルイ。不気味だ。だけどあれを「美しい」「カワイイ」と感じる人がいるから、プリクラが商品として成り立っているわけなんだよね。

 自分の写真の世界、自分の審美眼というものを確立していくほどに、自分とは相容れないものを容認し、受け入れる余裕も持たなければならないな、と、最近改めて思う。


 自戒の念を込めて。



Date:2013/01/03
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
JUGEMテーマ:フィルムカメラ
日常に戻る


 冬休み、終了。あまりにもあっという間すぎてびっくりだね。
 そして2013年の撮影初めも本日無事終了。新年最初の被写体をお願いしたのはアキヨちゃん。約半年振り。新年っぽい写真が撮りたくて地元の神社へ行ったけど、あまりに人が多すぎて非常に難しかった・・・ でもちゃんとこんな写真が撮れてた。今年の写真活動、なかなか幸先のよいスタートである◎

 撮影後、みなとみらいのポパイカメラさんへ新年のご挨拶に行った。どうやら個展のDMがかなりの勢いで捌けているらしい。まじすか笑 でもありがたい限り。DM持っていってくれた人が全員来てくれたらギャラリー大混雑だな。どうしよう笑

 そんな妄想をしつつ、明日から日常に戻るとしよう。
 明日からお仕事の皆さん、がんばっていきましょう。


 そういえばうちの大学、結局箱根駅伝何位だったの???
 (撮影だったのでゴールを見れていない・・・)



Date:2013/01/03
Rolleiflex 2.8E/FUJICOLOR PRO400H
JUGEMテーマ:ポートレート
大阪から更新



 ホテルのパソコンから更新。
 仕事も含めて3泊4日の関西の旅も、明日で最終日。最後は神戸で撮影だけど・・・雨っぽいね。でも頑張るよ。以前からずっと、撮りたい!って言ってて、今回ようやくお逢いする機会を得た被写体さんだからね。楽しみ。

 雨でも撮影はできるんだ!と自分に言い聞かせるべく、半年前に雨天決行した撮影の思い出の写真を載せておくよ。

 関西での土産話は、また改めて◎



Date;2012/05/03
PENTAX MZ-3/FUJICOLOR PRO800Z
Model;Akiyo
JUGEMテーマ:フィルムカメラ

※被写体さん、募集しています。詳細はこちらをご覧ください。
GREEN&WHITE


 ほら、もうすぐ雨が上がるよ。
 雲間からヒカリが差し込んできたら、お出かけしようよ。



Date;2012/05/03
PENTAX MZ-3/FUJICOLOR PRO400H
Model;Akiyo

※被写体さん、募集しています。詳細はこちらをご覧ください。
遠い日


 この間、夢に君が出てきて、
 15年前のあの日のように、僕を見つめながら、

 わたしのこと、わすれないでね

 って、言ってた。


 わすれないよ。




Date;2012/06/10
PENTAX MZ-3/FUJICOLOR PRO400H
Model;Akiyo

※被写体さん、募集しています。詳細はこちらをご覧ください。
秋風

 涼しくなったら、逢いに行こう。

 カメラ抱えて、あなたに逢いに行こう。



Date;2012/06/10
PENTAX MZ-3/FUJICOLOR PRO400H
Model;Akiyo

※被写体さん、募集しています。詳細はこちらをご覧ください。
飛ベナイ鳥


 大きな鳥になって、羽ばたく夢を見たんだ。



Date;2012/06/10
PENTAX MZ-3/FUJICOLOR PRO400H
Model;Akiyo

※被写体さん、募集しています。詳細はこちらをご覧ください。
rain drops


 優しい雨音に目が覚める

 9月1日、仄かな秋の気配



Date;2012/05/03
PENTAX MZ-3/FUJICOLOR PRO400H
Model;Akiyo

※被写体さん、募集しています。詳細はこちらをご覧ください。
放課後、教室



 思い出は、淡く、青く


Date;2012/06/10
PENTAX MZ-3/FUJICOLOR PRO400H/Model;Akiyo
JUGEMテーマ:ポートレート

ホッピー


 暑い。誰か呑みに行こう。



Date;2012/05/03
PENTAX MZ-3/FUJICOLOR PRO800Z/Model;Akiyo
JUGEMテーマ:ポートレート

※被写体さん、募集しています。詳細はこちらをご覧ください。